まぶしい?目が痛い?なぜコンビニやショッピングセンターはあんなにも明るいのかの理由

%e7%b9%a7%ef%bd%b3%e7%b9%9d%ef%bd%b3%e7%b9%9d%e8%96%99%e3%83%ab%e3%83%bb%e3%83%bb1024x796

まぶしいほどの光で輝く店内。

すべての店舗がそうではないですが、一部の店舗は『こんなにも必要?』と思うほどに照明が明るいことがあります。

今回はそんな店舗施設の照明や、その改善方法について紹介しています。

異常に明るいコンビニやショッピングセンター

うわ、まぶしい、、、。

コンビニやショッピングセンター、家電量販店などに入った瞬間にこのように感じたことはないでしょうか。

デパートやカラオケ、本屋さんなどでも起こりうることです。

ちょっとムードのあるおしゃれな雰囲気のお店では、逆に少し照明を落として暗め設定になっていることも多いですが、このようなお店ではまず非常に明るいことが普通です。

なぜあんなにも明るくする必要があるのか

そもそもですが、なぜコンビニやショッピングセンターはあんなにも明るいのでしょうか。

清潔感、イメージがよく見える

これがもっとも大きな理由です。

ちょっと薄暗い店内と比較しながら想像してみてください。明るい店内は清潔感があり、明るいと言うだけで人気店のような活性を感じたりと何かとイメージがいいですね。

明るさは、好感度アップには必須なのです。

商品がよりよく見える

また手に取った商品をよりよく見せるためにでもあります。

様々な位置、角度に証明を配置することに寄って、手に取った商品が自分の影で暗くなってしまうことがないようにされています。

外からも目立つ

これは特にコンビニに言えることですが、夜道の中、明るい店舗はより人を引きつけると言われています。

集客力を上げるために、特に光量の多いLEDなどを使って店内の明るさを強調していることがあります。

ちなみに最近のコンビニは外から見ると、ほとんどが横向きに蛍光灯が配置されています。これも縦向きに比べると、横向きの方が明るく見えるからです。

発生する目の症状

異常に明るい光を見ると、以下のような目の症状が発生します。

  • まぶしい
  • クラクラする
  • 目が痛い、しみる
  • 目の奥がチクチクする
  • 目が疲れてくる
  • ドライアイになる

その他、目以外の症状として頭痛や倦怠感、吐き気を感じる方もおり、その場に長時間いることが難しい場合もすくなくありません。

目を守る対策・改善方法

そんなコンビニやショッピングセンターの証明に悩む方への改善・対策方法を紹介します。

サングラス着用

サングラスを着用することで、ほぼ解決できます。

サングラスでなくても、いつものメガネのレンズの色を濃いめにすることだけでも、目の負担を大きく減らすことができます。

もっともシンプルで簡単な方法ですが、店内にサングラスをかけることに躊躇したり、恥ずかしさを感じる方もいるでしょう。

そんな方にはい次の方法がおすすめです。

ルテイン摂取

ルテインという成分を摂ることで、目の痛みを軽減できることが期待できます。

ルテインは「天然のサングラス」と呼ばれることもあるカロテノイドの一種で、刺激の強い光から目を守ってくれる作用があります。

日頃からルテインを摂取しておくことで、痛みやまぶしさを感じにくくなるとされています。

最近はルテイン入りのサプリを1,000~2,000円程度で購入できますので、サングラスがだめなら、サプリをためしてみることをおすすめします。

ルテインサプリ人気ランキングへ

まとめ

コンビニやショピングセンターには「照明がまぶしい。なんとかして欲しい。」というような意見が届いているかもしれません。

もちろん最低限は対応してくれるでしょうが、もしかしたら売上重視。顧客の健康に耳を傾けるよりも、より商品が売れる手法(つまり過度に明るく)を選んでいるかもしれません。真相はわかりませんが。

いずれにしても「まぶしい!目が痛い!」と感じたら、自分自身で目を保護するようにしましょう。