【口コミ体験談/スマホえんきん】サングラスや目薬はだめだった私がサプリを試してみた(39歳・男性)

39歳の男性です。パソコンで原稿を書くことを主要の仕事としていまして、これに起因する手の疲れと目の疲れが深刻な悩みでした。

手の仕事は主に指がしびれてしまうもので、キーをパンチする力があまりいらないキーボードに買い換えました。目の疲れは、ふたつのことをしていました。

ひとつは、UVカットの入ったサングラスをかけて仕事をしてみた事です。これは、効果があったのかどうかはよく分からず、少なくとも仕事を終えた後の目のジンとした疲れは取れませんでした。目をつぶると、すごくしびれた感じになるのです。

もうひとつしていた対処は、目薬の使用です。疲れ目にきくという目薬を、いくつか試しました。これは、目薬をさした時は気持ちがいいのですが、やはり仕事が終わったあとにジンとしびれる感じが取れることはありませんでした。

そのうちに、パソコンに長時間向かっていると文字が鮮明に見えにくくなってしまい、これはまずいと思って他の対策も取る事にしました。

目の対策として、目のサプリメントを摂取することにしました。理由は、看護師である義理の母に勧められた事です。親族で集まる機会がありまして、その時に、看護師である義理の母に相談したのです。

私は頭痛もちでもあり、かつてその事を義理の母に相談し、よい漢方薬を推薦してくれたことがありました。これで、本当に頭痛を軽減することが出来るようになったのです。

そういった経緯がありましたので、実際に長年看護師として現場に務めている義理の母を信じていました。すると、義理の母はサプリメントを送ってくれました。

ファンケルというところが作っている「スマホえんきん」というものです。ネットで見ると、目のサプリメントはたくさん出ていますが、その中でもスマホえんきんは口コミ評判がいい方でした。

私は義理の母が送ってくれたので、このサプリを飲んでいますが、もし成分が同じものであるなら、他のものでも似たような効果があるのかも知れません。

実は、私はサプリを取りすぎる事には抵抗があります。むかし、「サプリや栄養剤から栄養を取るようになってしまうと、だんだんサプリや栄養剤からでないとその栄養素を吸収できなくなってしまう」と聞いた事があるからです。

しかし、私の目の疲れは深刻な悩みになりつつあったので、そうもいっていられず、まずは少なめに取ってみる事にしました。このサプリメントの摂取量は、1日摂取目安量1日2粒と書いてありました。

ですが、私は目が疲れてきた時だけ、1日1粒を飲む事にしました。しばらくは、効果というほどの効果は感じませんでした。途中から、疲れていなくても1日1粒を飲んでみました。

10日ほどした頃に、なんとなく文字のぼやけがやわらいだ感じがしました。他にも、目にいいというほうれん草やブルーベリー系のジャムなども意識的に食べるようになっていたので、サプリメントだけの効果ではないかも知れません。

でも、疲れてくると目がぼやけてしまい、もうこれ以上の仕事は今日は無理だと思う事はなくりました。その後も、しばらくサプリメントの摂取を続けました。目の疲れはだんだん感じなくなり、ある時点でサプリをやめてみました。

たまにどうしても仕事量が多くなってしまう時は別として、仕事が出来なくなってしまうほどの目の疲れからは解放されました。

どのような薬でもサプリでも、私の場合は「これが効いた」と言い切ることが出来ません。そのサプリメントを摂取しなくても治った可能性がるからです。

それでも、目にいいと言われている成分を多く含んだものを摂取したのだから、なにも効果がないという事はないと思います。とりあえず試してみた事は、正しい判断だったと思います。

詳細レビュー

※その他の「スマホえんきん」の口コミは以下です。